ENTRY

PEOPLE

INTERVIEW ー KAZUYUKI ONODERA

お客様の「伝える」をサポートする上で一番心がけていることは何ですか?

「何」を「どのように」伝えたいのか、それをしっかりと共有することが大切だと考えています。
例えば、お客様が新しいキャンペーンを告知するポスターを作成するとして、そのキャンペーンの特徴は何なのか?サービスの質なのか、価格の安さなのか、それらが分からないとせっかくコストをかけてポスターを作成しても効果がでないこともあります。
また、お客様によっては「何」を「どのように」、を明確にイメージできていないケースもあります。
その場合は、今までの経験値や一消費者としての考えをまとめ、お客様と一緒に作り上げていきます。
そのためには、現場に足を運んだり、新しい情報を収集することも必要になってきます。
日頃からの積み重ねが大事ですね。

仕事において一番大切にしていることは何ですか?

最近は「まず行動すること」が大切だなと感じています。
「犬も歩けば棒に当たる」ということわざもありますが、まず行動することで得られるものも大きいと感じます。
もちろん何も考えずに動くのはリスクが高いですが、考えすぎて行動が遅くなってしまうのは、この変化が早い時代において、本当に命取りになりかねません。
会社としても「変化」を常に掲げており、「チャレンジして失敗したとしても、何もしないよりはよい」といった風土があります。

今後の目標は何ですか?

具体的な目標が2つあります。
ひとつ目はお客様に提供できる商品・サービスを拡充していきたい、ということ。
我々が得意としている「印刷」はコミュニケーションの手段の一つですが、この数年だけでも様々な手段が現れています。
私自身私生活で、スマートフォン、アプリなどから得る情報も増えました。お客様の現状・課題を共有し、単なる「印刷会社」ではなく、本当の意味でコミュニケーションのお手伝いができる組織にしていきたいと考えています。

もうひとつは、お客様から最初にお問い合わせをいただけるチームにしていきたい、ということです。
企業の顔である営業は、お客様から信頼される存在でなければなりません。
それは一朝一夕で実現できることではありません。
日頃の小さな積み重ねが信頼につながると思っています。
その小さな積み重ねを自然に行えるチーム、常にお客様目線で考え、提案ができるチーム、そんなチームを作っていきたいと思っています。

PEOPLE
先輩インタビュー

執行役員 / 1995年度入社

一番大切なのは、その作業やその思考の先にある
目標やゴールを見失わない事だと思います。
倉原 秀基
インタビューを読む

営業部第二課 課長代理 / 2007年度入社

企業の顔である営業は、日頃の小さな積み重ねが
お客様の信頼につながります。
小野寺 和之
インタビューを読む

製造部制作課第二制作グループ 主任 / 2009年度入社

デザインはこれが正解というひとつの答えが
出せないものなので、日々勉強になっています。
橘 育美
インタビューを読む

製造部制作課第二制作グループ / 2017年度入社

普段目にしているものを作れる、
携われるというところに強く惹かれました。
海老根 つくし
インタビューを読む

執行役員 / 1995年度入社

一番大切なのは、その作業やその思考の先にある
目標やゴールを見失わない事だと思います。
倉原 秀基
インタビューを読む

営業部第二課 課長代理 / 2007年度入社

企業の顔である営業は、日頃の小さな積み重ねが
お客様の信頼につながります。
小野寺 和之
インタビューを読む

製造部制作課第二制作グループ 主任 / 2009年度入社

デザインはこれが正解というひとつの答えが
出せないものなので、日々勉強になっています。
橘 育美
インタビューを読む

製造部制作課第二制作グループ / 2017年度入社

普段目にしているものを作れる、
携われるというところに強く惹かれました。
海老根 つくし
インタビューを読む